断食 体に良い どうして?

なぜ、断食(ファスティング)すると体にいいの?

断食をすると食べ物の消化や分解をする必要がなくなるので内臓を休憩させることが出来て身体のメンテナンスになるということはイメージできると思います。

 

しかし、断食をすると単に内臓を休ませるということ以上に身体の中で大変素晴らしい変化が起きるのです。

 

断食をすると体内には血液になる材料(食べ物)が不足してきますが、身体としては、なんとかして造血をしなければいけません。

 

材料がないのに造血をしなければいけなくなった身体は、現在体内にあるものでなるべく不要な細胞を材料にして血液を作りはじめます。

 

その不要な細胞というのが、脂肪だったり、病気の元になる細胞であったりするものなので、断食をすると自然治癒力がアップしたり、体内毒素の排泄につながると言われています。

 

ここ数年、断食は「ダイエット」効果として注目されていますが、本来は身体を元気にするために、大変効果的な健康法なのです。

 

特に優光泉酵素を用いた断食は、野菜の栄養を十分に摂りながら出来るので身体への負担も少なく理想的な断食を出来ると考えられるのです。

 

 

優光泉(ゆうこうせん)公式ホームページはコチラ

 

 

 

なぜ、断食(ファスティング)すると体にいいの?



このエントリーをはてなブックマークに追加